霊場のご紹介

総本山 知恩院

第25番

第25番 総本山 知恩院画像

草も木も 枯れたる野辺に ただひとり 松のみ残る弥陀の本願

東山三十六峰のひとつ、華頂山のふもとに広がる浄土宗の総本山。浄土宗の開祖、法然上人が晩年までお念仏の教えを説き、入寂された遺跡にたつ由緒ある寺院です。江戸幕府を開いた、徳川家の菩提寺としても有名です。家康公、秀忠公、家光公の外護を受け、現在のような大伽藍が造営されました。中でも日本最大級の木造門である三門(国宝)、法然上人の御影をまつる御影堂(国宝)などは、日本が誇る歴史文化遺産です。法然上人のみ教えを受け継ぐ、「お念仏のふるさと」として知られています。京都の人々からは親しみをこめて「ちおんいんさん」と呼ばれています。

見どころ

一宗の総本山にふさわしく、広大な境内に建てられている堂宇一つ一つが雄大で格調高く、見応えがあります。
徳川二代将軍秀忠公が建立した三門は、高さ24mの堂々とした姿で、現存の木造二重門としては日本最大。江戸時代初期の建築技術が最大限に発揮された完成度の高い建造物として国宝に指定されています。また、重さ70トンに及ぶ知恩院の大鐘は日本三大梵鐘の1つに数えられ、大晦日の除夜の鐘は京都の年越しの風物詩として有名です。
境内の最上段に位置する御廟は、方三間の宝形造本瓦葺、周囲には唐門のある玉垣がめぐらされている法然上人入寂の聖跡。その傍らに建つ勢至堂は、法然上人がご入滅された大谷禅房の跡に建てられ享禄3年(1530)に再建された知恩院最古の建造物です。知恩院境内の中でも、ひときわ静穏な空気に包まれた、お念仏発祥の地にふさわしい聖地です。

年間行事のご案内

1月1日
修正会
1月6日
新年互礼式
1月18日
御忌定式
1月25日
法然上人御祥当忌月法要
2月3日
追儺式
2月13日~15日
涅槃会
3月上旬
京都東山花灯路協賛  友禅苑ライトアップ
春分の日の前後3日
春季彼岸会
4月8日
花まつり(灌佛会)
4月18日~25日
御忌大会
<御忌大会中>
・華頂流花道展・御忌布教
・吉水講御忌詠唱奉納大会
・楷定念仏法要
4月18日
鳳詔頂戴式・開白法要・献華式・高齢者招待祝賀会・ミッドナイト念仏 in 御忌
4月中旬
吉水講御忌詠唱奉納
4月22日
納経法要
4月25日
献茶式・放生会
7月15日
盂蘭盆会・交通事故遭難者追悼法要
7月17日
祇園社法楽
7月27日~31日
暁天講座
8月5日
勢至堂墓地施餓鬼会
8月13日~15日
盆会
8月28日
大日如来法楽
秋分の日の前後3日
秋期彼岸会
10月13日
れいけん祭
10月15日
八幡社放生会
10月23日~25日
萬部会
11月25日
濡髪大明神大祭(御火焚)
12月2日~4日
佛名会
12月25日
御身拭式
12月27日
除夜の鐘試し撞き
12月31日
除夜の鐘

[日程・曜日固定のもの]
第2土曜日 おてつぎ文化講座(8月は第1土曜日、12月は25日)
第2日曜日 日曜法話(8月休み)
毎週木・金曜日 サラナ親子教室(知恩院教室)
第2・4金曜日 華頂流花道教室(1・8月休み、9・12月変動あり)
毎月13日 四誓偈写経会(1・4・7・10月)
毎月13日 発願文写経会(2・3・5・6・9・11・12月、8月は3日)
毎月23日 一枚起請文写経会(4月は22日、8・9・12月は25日)
毎月24日 元祖大師御逮夜
毎月25日 念仏行脚
毎月25日 元祖大師御当日(1月のみ「御正当」)

詳細画像1

詳細画像2

詳細画像2

第25番 浄土宗 総本山 知恩院

ご拝観の際は事前ご連絡(予約)が必要です。<団体>

住所
〒605-8686 京都市東山区林下町400
TEL
075-531-2111
FAX
075-531-0099
WEB
http://www.chion-in.or.jp/

アクセス

  • <電車>
  • JR京都駅から
    ・市バス206号系統で「知恩院前」下車 徒歩5分
    ・地下鉄東西線(烏丸御池乗換え)「東山」駅下車 徒歩8分
  • 阪急電車四条「河原町」駅から
    ・徒歩15分
    ・市バス「四条河原町」から31・46・201・203号系統で「知恩院前」下車 徒歩5分
  • 京阪電車
    ・「祇園四条」駅下車 徒歩14分
    ・「三条」駅下車 市バス12号系統で「知恩院前」下車 徒歩5分
  • <車>
  • 知恩院では、御影堂大修理に伴い境内に駐車いただくスペースが十分に確保できません。このため乗用車でのご来山をお控えいただき、公共交通機関でご来山をお願いいたします。

ページの先頭へ