霊場のご紹介

勝林院

第21番

第21番 勝林院画像

阿弥陀仏に 染むる心の 色に出でば 秋の梢の たぐいならまし

魚山大原寺勝林院と号す。慈覚大師円仁が中国に渡ったとき、声明を持ち帰り比叡山で伝承された。長和2年(1013)寂源がその道場を現在の地に移し建立し、魚山流声明の根本道場とした。
文治2年(1186)の秋、この寺で天台座主の職にあった顕真法印の発起により、南都、北嶺の名僧学匠三百余人を相手として、念仏の教えについて論議された大原談義(大原門答)が行われた所である。論議は一昼夜に及び、念仏が他の行よりすぐれていることを法然上人が述べられたところ、顕真や論議参加した者は法然上人の教えを信じ、阿弥陀仏の周りを三日三夜念仏行道したと伝えられている。

第21番 魚山 勝林院

ご拝観の際は事前ご連絡(予約)が必要です。<団体>

※3年交代当番

(H29年度~31年度は実光院、H32年度~34年度は宝泉寺が担当)

住所
〒601-1241 京都市左京区大原勝林院町
TEL
075-744-2537 (実光院)
075-744-2409 (宝泉院)
FAX
075-744-2537 (実光院)
075-744-2912 (宝泉院)

アクセス

  • <バス>
  • JR京都駅・京阪三条駅から 京都バス「大原行」で終点 徒歩10分
  • <車>
  • 国道367号線大原三千院周辺で駐車 徒歩10分

 

ページの先頭へ