霊場のご紹介

誓願寺

第20番

第20番 誓願寺画像

極楽は はるけきほどと聞きしかど つとめて至る 所なりけり

誓願寺は京都の中心地、新京極通りのど真ん中にある「浄土宗西山深草派」の総本山です。ご本尊は阿弥陀如来です。創建は、はるか飛鳥時代まで遡り、その長い歴史の変遷の中、「法然上人」「西山国師」「立信上人」と続く浄土門の聖地として…、また深い山間ではなく、「街の中にあるお寺」、「暮らしに密着した信仰の場=念仏道場」として人々に愛され続けてまいりました。
誓願寺は今も変らず京都の街の真ん中で、人々の暮らしとともにお灯明を灯し続けております。京都にお越しの折りには、是非一度ご参拝頂ければ幸いです。

見どころ

芸道上達の寺、落語発祥の寺として広く信仰を集めております。

世阿弥の作と伝えられる謡曲「誓願寺」は、和泉式部と一遍上人が主な役となって誓願寺の縁起と霊験を物語ります。
この謡曲の中で、和泉式部が歌舞の菩薩となって現れることが、能楽をはじめ舞踊など芸能の世界で尊崇され、江戸時代から誓願寺へ参詣するその筋の人が数多くありました。特に舞踊家が多く、文化・文政・天保(1804-44)のころに京都で活躍した篠塚流の祖・篠塚文三郎(梅扇)は、幸若の系を引く能楽的な色彩と歌舞的な色彩を調和させた優れた芸風を示したといわれ、天保年間には山村舞とともに京阪で大いに流行しましたが、彼ら舞踊家の中に誓願寺の和泉式部信仰がありました。そして、その信仰を昭和・平成の時代まで伝承した舞踊家がありました。
誓願寺には「扇塚」があり、芸道上達を祈願して「扇子」を奉納できますが、芸道上達の寺として、このような深い歴史的な意味が秘められているのであります。

また誓願寺第五十五世、策伝日快上人(1554-1642)が「醒睡笑(八巻)」を著作して落語の祖と仰がれておられることから落語発祥の寺といわれ、「扇子」との強い絆を保持しております。

年間行事のご案内

1月1日
修正会(0時)
1月15日
六阿弥陀廻向(11時) 説教(2時)
2月3日
節分会(10時)
2月8日
六阿弥陀廻向(11時) 説教(2時)
2月15日
涅槃会(2時)
3月14日
六阿弥陀廻向(11時) 説教(2時)
3月
春彼岸
4月
花まつり(府仏)
4月15日
六阿弥陀廻向(11時) 説教(2時)
4月23日~25日
御忌
5月18日
六阿弥陀廻向(11時) 説教(2時)
6月
和泉式部忌(1時半)
6月19日
六阿弥陀廻向(11時) 説教(2時)
7月
暁天講座(朝7時)
7月14日
六阿弥陀廻向(11時) 説教(2時)
8月15日
六阿弥陀廻向(11時) 説教(2時)
8月13日~16日
お盆
8月16日
精霊送り・盆施餓鬼
9月18日
開山歴代忌・六阿弥陀(2時)
9月
秋彼岸
10月8日
六阿弥陀廻向(11時) 説教(2時)
10月
策伝忌
10月
寺宝展
11月
別時念仏会(3時)
11月
十夜会(2時)
11月20日
西山忌
11月24日
六阿弥陀廻向(11時) 説教(2時)
12月
仏名会
12月
成道会
12月24日
お身拭式(1時)・六阿弥陀(2時)
12月31日
除夜の鐘

詳細画像1

詳細画像2

詳細画像2

第20番 浄土宗西山深草派総本山 誓願寺

ご拝観の際は事前ご連絡(予約)が必要です。<団体>

住所
〒604-8035
京都市中京区新京極通三条下る桜之町453
TEL
075-221-0958
FAX
075-221-2019
WEB
http://www.fukakusa.or.jp/

アクセス

  • <バス>
  • 京都駅前(中央口)の市バスA2乗り場より[205系統][17系統]に乗車し、「河原町四条」あるいは「河原町三条」停留所で下車してください。どちらからも徒歩約5分です。
  • <タクシー>
  • 行き先を「河原町六角」とお伝えください。下車して徒歩約2分です。
  • <電車>
  • JR京都駅より地下鉄に乗車し、「烏丸御池」駅で東西線に乗り換えて「京都市役所前」駅で下車してください。ゼスト御池出口2番または5番より南へ徒歩約5分です。または、地下鉄「四条」駅で阪急電車に乗り換えて、「河原町」駅で下車してください。新京極通りを北へ徒歩約5分です。(大阪方面より阪急電車ご利用の方も同様です。)
  • 京阪電車の場合は「三条」駅で下車し、三条通りを西へ、新京極通りを南へ。三条駅から徒歩約10分です。

ページの先頭へ