霊場のご紹介

第18番 月輪寺(つきのわでら)

第18番

第18番 月輪寺(つきのわでら)画像

月影の 至らぬ里は なけれども 眺むる人の 心にぞすむ

鎌倉山と号し、真宗発祥の地。大宝4年(704)泰澄大師が開山した。さらに天応元年(781)光仁天皇の勅を奉じた慶俊が中興した。このとき、地中から得た宝鏡の銘に「人天満月輪」とあったため、寺号に冠した。
その後、空也上人が当地で修行し、念仏を悟り、初めて開いた遺跡の地。法然上人もまた当地で念仏を修せられた。九條兼実は深く帰依して円澄と号し、当地に隠棲。仏教の道を開発した三祖師(法然・親鸞・円澄)相談の地でもある。
承元元年(1207)法然上人と親鸞上人の流罪に際して、当寺において円澄との別離を惜しみ、夫々の木像を刻んで形見とした。それら木像三身は「三祖師像」と呼び、寺宝として伝えられる。

見どころ

堂内に安置してある本尊阿弥陀如来坐像は、恵心僧都源信作とされ、国の重要文化財に指定されています。また、宝物館には十一面千手千眼観世音菩薩、十一面観世音菩薩立像をはじめ多くの重要文化財を安置しています。
眺望にすぐれた境内に親鸞上人の手植えとされる時雨桜があります。別れた法然上人や九条兼実を思う親鸞上人の涙と伝えられています。

年間行事のご案内

1月元旦
新春護摩
4月16日~5月20日
しぐれ桜法要
5月5日~7日
永代経

○毎月第4週土・日・月…報恩講
○毎月15日…空也念仏講話

詳細画像1

詳細画像2

第18番 鎌倉山 月輪寺

ご拝観の際は事前ご連絡(予約)が必要です。<団体><個人>

住所
〒616-8456 京都市右京区嵯峨清滝月ノ輪町7
TEL
075-871-1376

アクセス

  • <バス>
  • JR京都駅から京都バス「清滝行」 終点下車、徒歩山路2km、登山2km
    運動ぐつ・ツエを持参(革靴・ハイヒールは不可)
  • <車>
  • 乗用車の方は「ナビ不可」(駐車場は登山口に3台可)

ページの先頭へ