霊場のご紹介

東大寺指図堂

第11番

第11番 東大寺指図堂画像

さへられぬ 光もあるを おしなべて 隔て顔なる 朝霞かな

聖武天皇の勅願により建立された大仏殿をはじめとする東大寺の大伽藍は、治承4年(1180)、平重衡の兵火に関わって炎上、俊乗房重源上人がその復興に当たられた。上人は自らを「南無阿弥陀仏」と称するほど浄土信仰に篤く、法然上人は重源上人の招きにより再建途上の大仏殿で浄土三部経を講じられたとも伝えられる。東大寺は戦国時代に再度罹災、大仏殿再建を目指し大仏殿の大きな指図(さしず:設計図)を収めるお堂として指図堂が建てられたが、大仏殿復興の後、浄土宗徒の願いにより法然上人ゆかりの霊場として建て替えられた。

見どころ

大仏殿の西、勧進所の東側にあり、堂内には、墨染の衣で念珠を掛け合掌される法然上人(画像)がまつられている。建物は江戸時代のもので、正面五間、側面四間、広縁・向拝を配し、中央の正面には格子戸をはめているが、正面左右に一間の大きな花頭窓(かとうまど)を設けてこのお堂の姿を特徴付けている。また堂前には圓光大師二十五霊場の石標がある。

詳細画像1

第11番 華厳宗大本山 東大寺指図堂

ご拝観の際は事前ご連絡(予約)が必要です。<団体><個人>

住所
〒630-8211 奈良市雑司町406-1(大仏殿西隣)
TEL
0742-22-5511(東大寺代表番号)
FAX
0742-22-0808(東大寺代表番号)
WEB
http://www.todaiji.or.jp/

アクセス

  • <電車>
  • JR奈良駅・近鉄奈良駅より市内循環バス外回り、大仏殿春日大社前下車、北へ徒歩数分で大仏殿、指図堂は大仏殿の西側。

※参拝ご希望の方は必ずご予約をお願いします。
(参拝時間9:00~16:30 土日祝はお堂を開けておりますが、閉堂することもありますので、必ずご確認ください)
なお、指図堂閉堂の場合でもご朱印だけでしたら東大寺寺務所(本坊)でも対応できます。

ページの先頭へ