霊場のご紹介

報恩講寺

第8番

第8番 報恩講寺画像

極楽も かくやあるらん あら楽し はやまいらばや 南無阿弥陀仏

承元元年(1207)十二月、法然上人赦免の後讃岐の配所からの帰路、海上が荒れた為油生浜に漂着された。この時、士豪孫右衛門や村人が、上人の慈顔温容を拝し、上人のお世話をすると共に本願念仏の御化益を蒙り帰依された。上人がこの地を離れる際には、村人は名残りを惜んでお帰りをお止めしたので、上人は自らのお姿を刻まれ開眼の上、村人に授けられた。またこの余材で百万遍大念珠を作られた。御尊像を安置する為に建立された堂宇が報恩講寺である。
当時は大河堂と呼ばれていたが、後に報恩寺と号し、さらに和歌山の報恩寺と区別するため講の字を加えたという説と、当寺は開山以来、檀信徒の他、講の方々からも熱い信仰を受けて守られ護持されてきたので、「講」の字を入れたという説が伝えられている。

見どころ

  • 阿弥陀如来像(座像)
  • 法然上人御作の御影(座像)
  • 伝法然上人筆の名号(非公開)
  • 伝恵心僧都筆の浄土曼荼羅(非公開)
  • 法然上人御影の余材で造られた百万遍の大念珠(非公開)

年間行事のご案内

11月22日~24日
圓光大師大会式

第8番 慈雲山 報恩講寺

ご拝観の際は事前ご連絡(予約)が必要です。<団体><個人>

住所
〒640-0101 和歌山市大川117
TEL
0734-59-0185
FAX
0734-59-0185

アクセス

  • <電車>
  • 南海電鉄「みさき公園」駅下車 タクシーで18分
  • <バス>
  • 小島住吉行「小島住吉」下車 徒歩12分

※参拝の日時、車の駐車場等、事前に連絡をお願い致します。

ページの先頭へ