霊場のご紹介

一心寺

第7番

第7番 一心寺画像

阿弥陀仏と いふよりほかは 津の国の なにはのことも あしかりぬべし

文治元(1185)年春、当時の四天王寺別当慈鎮和尚の請によりこの地を訪れた宗祖法然上人が、四天王寺西門近くに結んだ四間四面の草庵「荒陵の新別所」に止住され、日想観を修された事に始まる。平安期以降日想観の聖地とされるこの地で、法然上人は四天王寺参拝に訪れた後白河法皇と共に日想観を修された。その後、大坂夏の陣において徳川方の本陣となった縁で徳川幕府の庇護を受け、江戸末期には宗派を問わない納骨および常施餓鬼法要の寺として有名になった。明治20(1887)年、それまでに納骨されたお骨を以て第一期のお骨佛を造立して以来、10年を一期として1体のお骨佛を造立し、合計13体のお骨佛を造立して今日に至っている。現在は戦災で失われた6体を除く7体が納骨堂とお骨佛堂に分けて安置され、「お骨佛の寺」として知られている。

見どころ

お骨佛(7体)、本堂(昭和41年落慶)、日想殿(信徒会館、昭和52年落慶)、仁王門(平成9年落慶)、三千佛堂(講堂、平成14年落慶・雪山弥陀三尊図)、本多忠朝公墓(断酒祈願)、小西来山墓 など

年間行事のご案内

4月
人形芝居フェスティバル…毎年4月の第1日曜
4月27日
年次納骨供養法要…前年納骨された霊位の回向法要
10年に一度
骨佛開眼大法要…新たなお骨佛の造立と開眼
8月23日
盆施餓鬼会
9月
日想観の集い…9月彼岸の中日
11月
霊跡参拝
12月31日
除夜の鐘

詳細画像1

詳細画像2

第7番 坂松山高岳院 一心寺

ご拝観の際は事前ご連絡(予約)が必要です。<団体><個人>

住所
〒543-0062 大阪府大阪市天王寺区逢阪2-8-69
TEL
06-6771-0444
FAX
06-6774-2578
WEB
http://www.isshinji.or.jp/

アクセス

  • <電車>
  • JR天王寺・近鉄阿倍野橋・地下鉄御堂筋線天王寺・地下鉄谷町線天王寺駅より北へ徒歩15分
  • 地下鉄谷町線四天王寺前夕陽ヶ丘駅より南へ徒歩15分
  • 地下鉄堺筋線恵比寿町駅より東へ徒歩10分
  • 当山には駐車場はありませんので公共交通機関をご利用ください。
    詳しくは当山へお問い合わせください。

ページの先頭へ