霊場のご紹介

十輪寺

第3番

第3番 十輪寺堂画像

うまれては まずおもい出ん ふるさとに ちぎりし友の 深きまことを

宝瓶山十輪寺は、弘法大師空海が中国に渡航の際、海上に地蔵菩薩出現の霊感を受け帰国され、弘仁6年(815)に「地蔵十輪経」の教旨に基づき、勅命により、鎮護国家の祈祷所として創建され、地蔵山十輪寺と号した。
約400年度の建永2年(1207)法然上人が讃岐に御配流の途中、この港に立寄られ、漁夫の八田治部太夫老夫婦を始め、数多くの人を化益されたところである。漁夫は上人のみちびきをうけて、その後念仏に帰し、後に立派に往生したとつたえられる。
その後、大永7年(1527)堺の僧十万上人が小松の庄生福寺より法然上人自画賛の「宝瓶の御影」を得て帰る途中、当寺に立寄りこれを奉納されてより、山号を「宝瓶山」と改められた。

見どころ

  • 本堂 兵庫県指定重要文化財 元禄6年(1693)建立
    欄間や内陣の彩色装飾は優美華麗で、17世紀初頭の爛熟した文化の風格をもっている。
  • 山門・庫裡・大玄関・小玄関・方丈 高砂市指定文化財 いずれも享保年間の造営
  • 伝弘法大師自作地蔵菩薩 本堂右脇陣に安置
  • 八田治部太夫墓碑 御影堂南側にあり

年間行事のご案内

2月15日
涅槃会
3月23日
春彼岸法会
5月8日
釈尊降誕会
8月15日
大施餓鬼会
9月23日
秋彼岸法会
11月15日
十夜会 八田治部太夫忌
12月31日
除夜の鐘
毎月第1土曜日
十輪寺のつどい(法話と名誉住職木版画カレンダー配布)

第13番 宝瓶山 十輪寺

ご拝観の際は事前ご連絡(予約)が必要です。<団体>

住所
〒676-0051 兵庫県高砂市高砂町横町1074
TEL
079-442-0242
FAX
079-442-7400

アクセス

  • <電車>
  • 山陽電鉄「高砂」駅下車 徒歩8分

ページの先頭へ