霊場のご紹介

法然寺

第2番

第2番 法然寺堂画像

おぼつかな 誰か言ひけん 小松とは 雲をささふる 高松の枝

高松藩祖松平賴重は水戸徳川頼房の長子で、二代光圀の兄に当たり、徳川一門が崇敬する浄土宗に帰依、建永の法難で讃岐に流された法然上人が住したという生福寺(まんのう町)を城下約8.5km南の地に復興し、菩提寺とした。寛文8年起工、同10年正月25日に三十三門二十四宇の堂塔が完成、江戸小石川伝通院前住職真誉相閑を中興とし、仏生山来迎院法然寺と号した。須弥山を模した山上に位置する般若台には、法然上人を中心に、賴重の父頼房をはじめ、賴重以来の高松松平家一族の墓石202基が存在する。十王堂から地上の参道を経て、黒門から仁王門へ、そして階段を上り、二尊堂、来迎堂へと続く境内諸堂の配置は、地獄から極楽へ至たる「二河白道」を見立て、来迎堂内正面の黄金の阿弥陀二十五菩薩立体来迎像は阿弥陀如来のお迎えを表し、極楽浄土の位置には般若台が拝される。

見どころ

  1. 此岸から彼岸(西方浄土)へと向かう二河白道図を具現化して配置した壮大な風景。
    二河とは前池・蓮池(現仏生山小学校)、白道は十王堂前から黒門へと続く参道(150メートル)。
    参詣順路は見返り地蔵堂・総門・参道・黒門・仁王門・四天王堂唐門(跡地)・二尊堂・文殊楼・来迎堂・般若台(松平家墓所)山頂北面から旧高松市内が一望でき、南面には讃岐山脈
  2. 本堂(明治40年の再建)には生福寺から移した法然上人御自作という阿弥陀如来立像が本尊として祀られている。
    上人配流のお姿像(波乗りの法然上人像)を祀る。
  3. 三仏堂には内陣奥の須弥壇上に、本尊の三仏(香川県指定有形文化財)すなわち、中央に阿弥陀如来座像(現在)・左に釈迦如来座像(過去)・右に弥勒菩薩座像(未来)を安置し、その前に釈迦涅槃の群像が配され、特殊な尊像構成で配置されている。
  4. 法然寺五重塔 法然上人八百年遠忌記念事業として平成24年1月25日新築

年間行事のご案内

1月
修正会、忠学上人忌
2月
御忌
3月
春季彼岸会、涅槃会
4月
法然上人降誕会
5月
花まつり
6月
歴代上人報恩会
7月
虫干会
8月
お盆、施餓鬼会、万灯会
9月
秋季彼岸会
10月
十夜法要
11月
報恩講
12月
成道会、除夜の鐘、万灯会

詳細画像1

詳細画像2

第2番 仏生山来迎院 法然寺

ご拝観の際は事前ご連絡(予約)が必要です。<団体>

住所
〒761-8078 香川県高松市仏生山町甲3215番地
TEL
087-889-0406
FAX
087-889-0688
WEB
http://www.geocities.jp/raigouin/

アクセス

  • <電車>
  • JR瀬戸大橋線高松駅下車、乗り換え、ことでん仏生山駅下車徒歩20分
  • <車>
  • 高松道 高松中央IC 又は 高松西ICより車で20分

ページの先頭へ