霊場のご紹介

誕生寺

第1番

第1番 誕生寺画像

両幡の 天下ります 椋の木は 世々に朽ちせぬ 法の師のあと

この寺の場所は法然上人が長承2年(1133)4月7日に、父漆間時国、母秦氏の子として生れる。
法然上人は幼名を勢至丸といい、9才のとき父時国が、源内武者定明という武士によって、夜討ちをうけて亡くなったがその遺言によって、出家する決意をされ、比叡山に登るとき、母との別れを惜まれたところでもある。
承安5年(1175)、上人43才の時専修念仏をもって浄土宗を開かれた際、父母の追善のために、自ら等身の御像を刻まれ、建久4年(1193)弟子の熊谷蓮生房が御像をこの地に移され、昔の館を仏閣として誕生寺と号したのが始まりである。

見どころ

境内には法然上人産湯の井戸、お誕生の時、紫の雲が空にただよい、二流れの白い幡が飛んで来て引っ掛かった椋の木、 敵将の定明が片目の傷を洗った片目川、上人の幼時手植された公孫樹などがある。

年間行事のご案内

1月2日
修正会
2月25日に近い
日曜日
誕生寺御忌会(人形供養兼修)

4月第3日曜日
日本三大練供養・会式法要
8月15日
盂蘭盆施餓鬼会
8月24日夕方
地蔵盆
10月~11月
十夜法要(随月日)
12月31日
除夜供養
毎月25日
御忌日別時念仏

第1番 栃社山 誕生寺

ご拝観の際は事前ご連絡(予約)が必要です。<団体>

住所
〒709-3602 岡山県久米郡久米南町誕生寺里方808
TEL
086-728-2102
FAX
086-728-2162
WEB
http://www.d3.dion.ne.jp/~tanjoji/

アクセス

  • <電車>
  • JR津山線・「誕生寺」駅下車 徒歩10分
  • <車>
  • 国道53号線 岡山から60分
  • 中国自動車道 津山ICから30分 院庄ICから20分
  • 山陽自動車道 岡山ICから50分

ページの先頭へ